【osu!】ミスした場所を分析するツールMissAnalyzerの紹介

MissAnalyzer

MissAnalyzerとは

MissAnalyzerとはミスした場所を分析するツール

リプレイを渡すことで図のようにミスした個所を分析できます
(線がマウスやペンタブの動き、〇がクリックの場所を示しています)

導入編

MissAnalyzerの利用には MissAnalyzerDiscordBotが便利です

あなたがサーバー管理者の権限を持っているサーバーにおいてこのボットを招待することで導入が完了します

Discord招待用リンク

使い方

注意

リプレイが保存されていないスコア、ミスが存在しないスコアに対しては、BotはCouldn’t find replayとしか応答しません

モードはスタンダードのみに対応しています

リプレイが存在するかどうかは最近のプレイの欄から確認できます

コマンドリスト

DiscordのBotを導入後、以下のコマンドを打ち込むことで利用することができます

>miss user-recent ユーザ名

直近のプレイのスコアを解析します

 

>miss user-top ユーザ名

ベストスコアを解析します

 

上記2つのコマンドはユーザ名の後ろに数字を打ち込むことも可能です
(例) >miss user-recent ユーザ名 5

上記の場合5個前のプレイを分析 (数字を打ち込まない場合はデフォルトで1)

 

>miss beatmap beatmapIDもしくは譜面URL

特定の譜面のスコアを解析します

 

リプレイファイルをアップロードする方法

MissAnalyzerは、リプレイファイルをDiscordチャンネルにアップロードすることでも分析可能です
(ただしサイズが大きすぎるとDiscordNitroに加入する必要があります)

owoに対応させる方法

サーバーにowoが導入されている場合、owoの直近のプレイを出力させるコマンド”>rs”を打ち込むことでこのBotが分析を行います

併せて導入しておくと便利かもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です