【ゲーミングイヤホン】2019年 プロゲーマーも選ぶおすすめゲーミングイヤホン 【FPS/TPS用】

スポンサーリンク
ゲーミングイヤホン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

イヤホンの選び方

この記事でおすすめするイヤホン

様々な用途があるイヤホンですが、今回おすすめするのはFPS向けのモデルです
重視する項目としては、音の定位の正確性外の音への遮断性です

音質や重量、コンパクトさなどはあまり重視していませんので注意してください

また、FPSにおいて遅延は致命的なのでワイヤレスモデルは除外します

密閉型と開放型

イヤホンにはこの2種類に分けられますが、今回紹介するものはすべて密閉型です

それぞれのメリットとしては
密閉型…オフライン会場など周囲の音がうるさい状況でも遮断できる
開放型…広い音場感、周囲の音が遮断できないためゲームには不向き

値段について

FPS用途であれば最低限3000円程度からだと思っております(本当に最低限です)

競技シーンレベルとなると多いのは8千円~3万円程度だが、予算に余裕があるなら4万円程度までは出してもいいと感じました
(プロゲーマーの使用統計でも5万5千円以上はほとんどいません)

オーディオアンプ/サウンドカードについて

2万円以上のモデルを使用するのであれば買いましょう
イヤホン/ヘッドセットよりも優先度は高いです

おすすめは下記2つ
予算に応じて選んでください
プロに人気があるのはGSX1000

おすすめランキング 予算20000円以下

3位 HyperX Cloud Earbuds

PS4/Switchといった家庭用ゲーム機ならこれで十分だと思われます

ゲーミングデバイスメーカーということもあり、ゲーム用に特化している

プロの競技シーンでの使用を考えられる最低限に近いモデルです
コスパといった点では評価できますが、音の解像度には限界が見えます

方向や距離が大雑把に分かれば十分なゲームであればこれで足りる

製品 タイプ 接続端子 ケーブル長(cm) マイク その他
HyperX
Cloud Earbuds
Amazon 楽天
密閉式 3.5mm 120 有り

2位 Razer Hammerhead (Pro) V2

提供を受けている場合が多いのでプロの中でも使用率は高い(BOSE QC20の次に高いです)

同じくゲーミングデバイスメーカーということもあり、ゲーム用に特化している
Cloud Earbudsよりはこちらのほうが解像度や定位といった点でも優秀

Razerのイヤホンから選ぶとしたらこれが最もおすすめです
Proはマイク付きモデルでやや高くなる

Hammerhead V2の値段は破格 安すぎる

製品 タイプ 接続端子 ケーブル長(cm) マイク その他
Razer
Hammerhead V2
Amazon 楽天
密閉式 3.5mm 130 無し
Razer
Hammerhead Pro V2
Amazon 楽天
密閉式 3.5mm 130 有り

1位 SHURE SE215

最近プロの間で人気が急上昇しているメーカー
スポンサーとして提供はしてないが、選ばれているのにはこの製品に魅力があるからであろう

遮音性もさることながら、音の解像度が素晴らしい
この価格でのクオリティは素晴らしく、コスパという点でも評価できる

値段的には上記2つからやや上がるが、少しこだわりたいのであれば選択肢に入れてほしい

音楽用としては微妙なので、音楽を聴く場合はSE425などの上位モデルがおすすめです

製品 タイプ 接続端子 ケーブル長(cm) マイク その他
SHURE
SE215
Amazon 楽天
密閉式 3.5mm 無し

おすすめランキング 予算20000円以上

こちらの価格帯は完全にPC向けです コンシューマー機の場合この価格帯は必要ないです
モニタリングが用途となるようなイヤホンがほとんどです

3位 Audiotechnica ATH-E70

野良連合R6S部門が提供を受けているモデル
世界大会ベスト4になった際にも使用していた

オーディオテクニカのモデルの中でも全帯域を正確に表現することが得意のモデル
もちろん遮音性もなかなかのものである
解像度が高く、高い音から低い音まで綺麗なのだが、問題は値段が5万円オーバーだということ…

野良連合の方々は提供されているから使用するものの、提供されていない場合にここまで高いモデルが必要かというと疑問がある
買って間違いないモデルなので予算的な余裕があるのであれば、最もおすすめする

製品 タイプ 接続端子 ケーブル長(cm) マイク その他
Audiotechnica
ATH-E70
Amazon 楽天
密閉式 3.5mm 160 無し

2位 SHURE SE425

SHURE SE215の上位モデル

価格的に近いBOSE QC20と比べると遮音性にはわずかに劣るが、音の解像度ではこちらのほうがやや上だと感じた
遮音性が重要な競技シーンではBOSE QC20に劣るが、自宅でゲームをする場合であれば解像度に重きを置いたこちらのモデルでもいいのではないか

製品 タイプ 接続端子 ケーブル長(cm) マイク その他
SHURE
SE425
Amazon 楽天
密閉式 3.5mm

1位 BOSE QuietComfort 20

製品名からも分かるように、周りの無駄な音を全て遮断してくれます
オフライン会場に限らず周りの音が気になる場合は多いので、集中できるという意味では遮音性は重要です

そして、なんといってもFPSプロゲーマー使用率ナンバーワンのモデル
この使用率というのが、Razerなどのように提供されて使用する場合が多く、少し不公平な指標なのですが、BOSEがプロゲーミングチームのスポンサーとなっている例はないというのが驚くべきポイント
つまり、選手たちは自らこのモデルを選んでいると言えます
また、PUBGという音の方向や距離を聞き分けるのが重要なゲームにおいて、最もレベルの高いとされる韓国リーグでの使用率もダントツのナンバーワン
音の定位や音の解像度も文句がないほど良いです

製品 タイプ 接続端子 ケーブル長(cm) マイク その他
BOSE
QC20
Amazon 楽天
密閉式 3.5mm 130 無し Bose
ノイズキャンセリングテクノロジー

その他メーカー別

Sennheiser

安いモデル・高いモデルそれぞれのおすすめです

製品 タイプ 接続端子 ケーブル長(cm) マイク その他
Sennheiser
cx3.00
Amazon 楽天
密閉式 3.5mm 120 無し
Sennheiser
IE80s
Amazon 楽天

密閉式 3.5mm 無し

コメント