【ゲーミングイヤホン】ワイヤレスイヤホンでPC/PS4ゲームを遅延なしで楽しむ

スポンサーリンク
ゲーミングデバイス
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンでPC/PS4ゲームを遅延なしで楽しむ

遅延にこだわるFPSゲーマーにはワイヤレスなど無縁な話であったが、最近ではワイヤレスマウスがプロのFPS競技シーンで最も人気があったりと、かつての常識は覆されつつある
現状、遅延にこだわるゲーミングデバイスの中でワイヤレスが主流なものはマウスのみだが、キーボードやヘッドセット、イヤホンにもワイヤレス化の流れは来ている

当記事ではゲーミングイヤホンについて筆者がワイヤレス化に挑戦した結果を取り扱う

規格を学ぶ

はじめに、知っておかないといけないのがワイヤレス通信における規格
といっても今回学ぶ必要があるのはBluetooth,Wi-Fiなどに代表される無線通信自体の通信規格と、
sbcに代表される符号化を行って音声データのエンコード/デコードを行う規格の2つです

特に、後者のエンコードとデコードの過程において大きな遅延が生じるため、重要なのは後者と言えます

Bluetooth

現状のPC周辺機器における無線通信の規格はBluetoothが最も一般的で、性能的にも優れているといえます

バージョンによる差異は以下の表に示します

Bluetoothバージョン 通信範囲 通信速度 転送速度
4.1 10m 260kbps 1Mbps
4.2 10m 650kbps 1Mbps
5.0 100m 650kbps 2Mbps

このようにBluetooth5.0が最新で最も優れた規格となりますが、音声通信程度のデータ容量でこの規格を最大限に使うことはないと思います…

Bluetoothには後方互換性があるため、BT5.0は4.2やそれ以前の規格にも対応していますが、相性的な問題でノイズなどが発生してしまう場合もあるようなので、受信機(レシーバー)と送信機(トランスミッター)で同じバージョンを用意してあげるのが音質的には最も良い結果が得られるのかもしれません

音声データのエンコード/デコード規格

現状の最上位規格はaptx HDおよびLL(Low Latency)の2つです
ワイヤレスで快適にゲームを行いたいならaptX LL一択です

規格 音質 遅延
SBC CD音源相当 -220ms程度
AAC(iPhoneなど) CD音源相当 -120ms程度
aptX CD音源相当 -70ms程度
aptX HD ハイレゾ音源相当 -70ms程度
aptX LL CD音源相当 -40ms以下

注意してほしいのはaptX LL最大でも40msまでの遅延しか生じさせないという点です

ここで1フレームは16.7ms(60fpsの場合)であることを考慮すると最大でも2.5フレーム程度の遅延に収まるといえます

今回買った機器

イヤホン:
Bluetooth5.0/aptx LL対応

トランスミッター:
Bluetooth2.1+EDR/aptx LL対応

計測

そんな理論的なことよりも実際どうなんだ!
ということで最も遅延にシビアなPCの音ゲーであるosu!を利用して遅延の計測を行いました

入力にはLogicool G703hCorsair K65(赤軸)を使用
BTトランスミッターはCreative BT-W2を使用
有線の場合と無線の場合でどの程度ゲームプレイに影響があるのか調べました

サウンドカード イヤホン
検証セット① Sennheiser
GSX 1000
(7.1ch不使用)
Sennheiser
IE 40s
検証セット② 無し Shure SE215-SPE-BT2
(Bluetooth aptX LL接続)
結果
検証セット① 検証セット② 体感遅延
②-①
課題曲①(AR8+DT) avg : -12.66 ~ +8.26ms
(-2.2ms)
avg : -12.89 ~ +11.00ms
(-0.945ms)
1.255ms
課題曲②(AR9) avg : -14.29 ~ +6.27ms
(-4.01ms)
avg : -8.05 ~ +9.73ms
(+0.84ms)
4.85ms
課題曲③(AR9.8) avg : -8.17 ~ +9.08ms
(+0.455ms)
avg : -5.75 ~ +9.06ms
(+1.655ms)
1.2ms
課題曲④(AR10) avg : -8.49 ~ +7.15ms
(-0.67ms)
avg : -7.65 ~ +8.31ms
(+0.41ms)
1.08ms

※AR(Approach Rate)というものは楽曲のノーツが出現してから消える速さで、スマホの音ゲーでいうノーツの流れてくる速度という認識で問題ありません
※オフセット機能は一切いじっていません

まとめ

実際のゲームプレイにおいて筆者が体感した遅延は1~5ms程度で、ゲームに支障ややりにくさを感じる遅延は一切ありませんでした
最大で40msの遅延まで許容されるaptX LLですが、今回の実験においては最大でも4.8ms程度で、240fpsモニターにおける1フレーム程度の遅延(=4.2ms)程度であるため、遅延を体感するのは難しいと考えます
正直多少の遅延は覚悟していたのですが、全く感じないレベルで遅延は少ないというのは驚いています今回はイヤホンですが、ヘッドホンの場合でも同様に使えると思われます(ただしマイク出力は不可?)
今回使用したレシーバーはPS4にも対応しているため、PS4での使用を考えている方にもオススメできます
トランスミッター(送信機)はいろいろ種類がありますが、安物はうまく接続ができなかったりノイズが乗りやすいなどありますので、あまり妥協すべきではないです
以下におすすめのトランスミッターを載せておきます(aptX LL対応)
ただ、注意してほしいのはサウンドカードがかませられない点で、すなわちサウンドカードのアンプ機能(音量増加機能)も使えませんから音量の上限は低いです(現在サウンドカードを用いてゲームをされている方は音量が物足りなく感じると思います)
ちなみに現状では多くのサウンドカードの出力はAUX 3.5mm端子ですまた、aptX LLでは遅延を極力減らすために一方的な受信のみなため、マイク出力は行えませんAUX 3.5mm出力対応のaptX LLトランスミッターを買って、サウンドカードに噛ませて出力することも挑戦したのですが、使用したトランスミッターではShure BT2を認識できず使えませんでした

そのうちaptX LLに対応したサウンドカードが普及してくると思いますので、そこからゲーミングイヤホンもワイヤレスの時代が来るかもしれませんね
ちなみにCreative社(Sound Blaster)から出てるには出てるんですが非常に高いのであまりおすすめはしません
aptX LL対応サウンドカード(Amazon)

コメント

  1. […] ワイヤレスイヤホン検証記事(Shure BT2) […]